植物発酵食品「美芽(びが)」-KMR Direct Shop-

「美芽(びが)」は体全体の機能を正常化させる完全無添加・無着色の日本国内生産健康補助食品です。

「美芽(びが)」の驚くべきパワー!
・血液サラサラ ・ 不規則な生活の人に最適 ・ 美白効果抜群
美芽(びが)は、KMR式官足法療法院のみで販売しており、
一般店舗では一切販売されておりません。(日本国内生産)
 
「美芽(びが)」とは・・・?
「美芽(びが)」のパワーと栄養成分
「美芽(びが)」の利用方法
   
植物発酵食品「美芽(びが)」は体内の毒素や、老廃物を秒単位で分解処理できるように、熱に強く発酵能力に優れた厚生多細胞微生物(A.G.O菌)によって約24時間〜72時間発酵し更に72時間自然発酵させることにより、発酵微生物の生成する酵素群によって多種類の栄養成分が吸収できると同時に、タンパク質、糖質、脂肪質を強力に消化・分解することが可能です。
A.G.O菌は、昭和3年より研究され日本で生産されています。培養技術は一貫して変わらず、現在に引き継がれています。
■AGO菌の持つ3つのパワー
AGO菌; 学名(アスペル・ギルス・オリゼー)
厚生多細胞微生物(玄米酵素)
アミラーゼ ;糖分分解酵素
リバーゼ ;脂肪分解酵素
プロテアーゼ ;タンパク質分解酵素
ほとんどの食物は、この3つの消化酵素の働きで消化、
分解、吸収が行われます。

■主な成分と酵素(エンザイム)
●アミラーゼ 澱粉(糖分)分解酵素
3,200μ/g
●リパーゼ 脂肪分解酵素
150μ/g
●プロテアーゼ 蛋白質分解酵素 酸性
190μ/g
  中性
770μ/g
  アルカリ性
640μ/g


※分析試験財団法人 日本食品分析センター
エネルギー
450kcal / 100g
水分
2.0% / 100g
蛋白質
17.2g / 100g
脂肪
21.7g / 100g
糖質
39.3g / 100g
繊維
9.0g / 100g
灰分
10.8g / 100g

■7種類の栄養成分の特徴
B-Dグルカン、タンパクグルカン、アルファーグルカン、キシログルカン、B-ガラクトグルガン、ビタミンD、必須アミノ酸、ビタミンB2
アガリクスとは、「ハラタケ属」全体の総称で、ヒメマツタケ等を含めて32種類の茸があります。中でも効能が認められているのはヒメマツタケです。学名をアガリクス・ブラゼイ・ムリル、人口栽培の難しいブラジル産のキノコ類です。特産地に生活習慣病の患者が少ないことから、アメリカの研究者による調査で、多くの有効成分が含まれていることが分かりました。
アガリクスには、5種類以上の多糖類が含まれますが、たんぱく質が非常に多く、その他脂質、繊維質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸、核酸など豊富にバランスよく含有しています。抗腫瘍効果のあるβ-D-グルカンの含有量がキノコの中で最多といわれ、キノコの持つ多糖体は免疫作用を活性化する作用があり、アガリクス茸は特に免疫力を活性化する作用が高く抗腫瘍活性を持つと考えられています。

フラボノイド、ケルセチン、カフェイン酸、有機酸類、フェノール酸類、ビタミンB群、芳香族アルコール類、ミネラル
プロポリスとは、ギリシャ語で「敵の侵入を防ぐ城壁」という意味で、ミツバチが巣の入り口に塗りつける物質のことです。樹木の樹皮や樹液を、ミツバチの唾液などの分泌物と混ぜ合わせて固めて作った物で、強力な抗菌作用をもつので雑菌などの侵入を防いで守っています。豊富なフラボノイドが含まれ、さらにミネラル、アミノ酸、ビタミン、各種酵素など栄養が多く含まれており、主に免疫力を向上させと言われております。プロポリスの歴史は古く、メソポタミアでは民間薬として、古代エジプトではミイラの防腐剤として使用され、アリストテレスも「動物誌」の中で、皮膚病、創傷、感染症の治療薬と書いています。

クセルエチン、テンペン、VC
松葉は不老長寿の妙薬として仙人が用いたといわれ、昔から薬効のある素材として民間療法に広く使われてきました。赤松や黒松の葉を用い、松葉を細かく刻んで、すり鉢ですりつぶし、これを弱火にかけて煮ると精油分が浸出してくるのでこれをしぼり取ります。この精油が松葉エキスです。タバコの有害物質であるニコチンを体外へ排出するはたらきがあるので、タバコを吸う人に有効です。ビタミンA・C・K、カルシウム、鉄、葉緑素、ケルセチンなどを含み、これらの有効成分は葉の表面のロウ質部分に多く含まれています。効用としては、血管壁を強くし、血圧を下げ、血をきれいにすると言われています。

タンパク質、葉緑素、ビタミンA、B1、B2、B3、B5、B12、BE、BD、BC、葉酸、核核酸
クロレラは、繁殖速度が極めて速い緑藻類クロレラ科の淡水性単細胞藻類で、タンパク質や葉緑素を多く含み、カルシウム、鉄などのミネラル、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・E、ナイアシンなどを豊富に含むバランスのとれた栄養素で、不足しがちな栄養素を補う栄養補助食品として有効です。1890年に微生物学者によって発見されて以来、未来の食糧として各国で研究が行われるようになり、アメリカの米国航空宇宙局(NASA)が宇宙食としての利用を検討したこともあり注目を集めました。クロレラは60%近いタンパク質を含むことから、昔はタンパク質の供給源として、今は体の抵抗力を高めるアルカリ性食品として期待されています。

アロイン、アロエニン、アロエチン、アロエウルシン、アロエマンナン、サンポニン、アロミチン、ビタミン
アロエはユリ科アロエ属の多年草を指す総称で、約300種類が確認されており、サボテンと同じ砂漠のような熱帯地方で育ちます。アロエは多肉植物で、高濃度のポリフェノールを代表する抗酸化物質、殺菌作用物質、食物繊維、タンパク質、ビタミンA,B,C,Eを含み、多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいます。アロエを切った時にでるネバネバ成分にアロエウルシンという抗潰瘍性の成分が多く含まれています。利用方法も飲用や食用外用など、幅広く使用されておりますがこれには主に、キダチアロエやアロエベラがよく用いられています。

アリシン
ニンニクはエジプトや中国ではスタミナ源や香辛料として古くから食されてきました。日本に伝わったのは約2000年前で、当時からその効用は知られていました。1936年に日本人の小湊博士の実験により、ニンニクの成分であるスコルジニンを摂取すると、体力が増強し疲労回復も早いことが分かりました。また、匂いの元はアリシンという成分には強力な殺菌作用があり、赤痢菌や寄生虫駆除などに臨床応用されてきました。また、ニンニクの精油を12万倍に薄めても、チフス菌やコレラ菌を殺すほどの殺菌力があります。

B-フラクトスラノシターゼ、ビフィズス菌増殖、腸内菌改善
ラクトスクロースは、乳果オリゴ糖の化学名で、牛乳の中に含まれる乳糖とサトウキビに含まれるショ糖を原料に、果糖転移酵素を作用させて作った3糖類で、ガラクトース、ブドウ糖および果糖が1分子ずつしっかりと結びついてい新しいオリゴ糖です。水に溶けやすい物質で、他のオリゴ糖の有効成分よりも高いビフィズス菌増殖機能を持つことで知られており、その結果、大腸でビフィズス菌が増加し、ビフィズス菌が産生する乳酸と酢酸の働きにより大腸内が酸性化され蠕動運動が盛んになり便通が促進されます。また、ビフィズス菌の増加は下痢の原因となる刺激物質を生成する菌の増殖も押さえますので、下痢症状も改善されまると言われています。
Copyright © 2005 - KMR Direct Shop - All Rights Reserved.